商品における意識すべき二種の役割(1)フロントエンド-金額

Pocket

二種の役割の全体像では、FEとBEの関わりを見てきました。
ここでは、FEの金額についてです。
(30分〜60分の時間で提供、無形商品とします。)

 

なし

そもそも金額を示す言葉を使わず、相手はお金に関しては基本的に全く意識しない。
無料でも、有料でもない、0円でも1円以上でもない。
相手へのお金への意識づけは難しい。

無料

「無料」という言葉を使うことで、初めて相手へのお金の意識づけを行うことができる。ほか言葉としては「お金はかからない」

相手にとっての良さは、商品を気軽に受けれること
自分にとっての良さは、商品を気軽に試せること

つまり、まだ完成度の低い商品を提供でき、そこから更に商品の価値を高めることができます。

有料(少額)

「有料」という言葉を使うことで、更に相手へのお金の意識づけを行うことができる。ほか言葉としては「お金がかかる」

有料の場合、
人に商品提供するまでに使ったお金(マイナス)、そこに商品提供でもらったお金(プラス)を計算し、マイナスにならない程度であればOKとします。

 

まとめ

重要なのは金額がいくらかではなく、どんな考え方で動いているかが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です